日中韓辭典研究所について

日中韓辭典研究所について

日中韓辭典研究所(CJKI)は1993年に設立された。当研究所の主な業務は、5,000万項目に上る日中韓各語及びアラビア語の大規模辞書データ(一般語彙・固有名詞・専門用語)の開発と継続的な拡張である。

当研究所は日中韓各語の言語資源を提供する世界有数の企業で、高品質かつ包括的な辞書データ、語学教育ツール、コンサルティングを提供することによって、IT産業とソフト開発に大きく貢献している。

当研究所は日本の埼玉県にあり、日本語学習辞典の定番である『講談社漢英学習字典』、『新漢英字典』及びその他多数の辞書の編集長、 春遍雀來(ハルペン・ジャック)が取締役社長を務める。

ビジネスモデル

当研究所は単なるデータの再販業者や販売会社でなく、日中韓各語とアラビア語に対する数十年間にわたる経験と深い知識に基づきデータベースを構築する言語学研究所で、お客様のご要望に合わせた柔軟なビジネスモデルを展開している。

当研究所は、特別な料金なしでお客様の仕様に合わせ調整したデータベースを提供することを基本方針としている。お客様のご要望を細部にわたって理解することで、ニーズに合ったデータを提供することが可能になる。

また、データ処理を自動化した独自の高度なツールを駆使することで、短期間で編纂チームを組み、大規模な辞書をゼロから構築・整備できる。

春遍雀來(ハルペン・ジャック)

春遍雀來は日中韓辭典研究所の取締役社長で、辞書学者で、特に日本語と中国語の辞書編集を専門とする。編集長として編纂した辞典はその多くが学習用参考書の定番となっている。

ドイツ生まれの春遍雀來はフランス、ブラジル、日本、アメリカに移り住み、日本には40年以上在住している。彼は熱心なポリグロットで、18言語を学び、10言語を流暢に話す。