Friendliness 2-1 EN-JP

Language selection

1. Friendliness

I believe I’ve been to 50 countries so far, and to Vietnam four times. On this trip, I concluded that Vietnam ranks highest in “friendliness.” Many countries are friendly, especially to visitors, and Japan no doubt ranks very high. But there is something special about Vietnam — to me, the friendliness of the Vietnamese seems authentic — from the heart, not a mere formality done as part of one’s job (in Japanese, 建前 tatemae “face,” “public attitude”), but derives from an inner, genuine desire to be nice, kind and considerate (本音 honne “true feelings”). Here are some examples.

The Hanoi streets are teeming with an endless stream of motorbikes, sometimes with up to five people on one vehicle! As there are few traffic lights, crossing the street feels like “a dangerous challenge” (but is actually safe if you walk slowly). My wife Michal was too scared to try. An old lady saw her hesitation, took her arm, and they safely crossed together. How nice!

My wife Michal was sitting on a bench at the Hoan Kiem lakeside when a young man, without warning, suddenly sat down on her lap, leaned against her chest, took a selfie, got up, and left! Now this may sound “rude,” you say. My son Baraki tells me that in Japan that’s not just considered rude, it is actually “a crime.” Though I agree that not asking for permission can be considered rude, I see this act as an extension of “human warmth” and a kind of friendliness.

I was walking along the incredibly beautiful beach-side of Danang, as I did every day while attending the Esperanto conference, and became real thirsty — Danang is soooo hot. I passed by a stall selling snacks, so I asked the seller (of course in Vietnamese) if I can buy a bottle of water. He said “we don’t sell water,” but he then suddenly pulled out a huge bottle of mineral water, holding his arm out as if trying to hand me the bottle. I first thought that he wanted to give me his bottle, but then realized that he was actually offering me to drink from his personal water bottle!

Can you imagine this happening in any other country? It’s probably rare in Vietnam too. I was almost moved to tears by this heartwarming act of kindness. I thanked him profusely, took a picture, and continued my walk.

1. 愛想

これまでに50カ国、そして4回ベトナムに行ったことがあると思います。今回の旅行で、私はベトナムが「親しみやすさ」で最高にランクされると結論しました。多くの国は、特に訪問者にとって友好的であり、日本は間違いなく非常に高いランクにあります。しかし、ベトナムには特別なことがあります – 私にとっては、ベトナム人の親しみやすさは本物のように思えます – 仕事の一環として行われる単なる形式性ではなく、心から。(日本語では「顔」「世間の態度」)しかし、親切で思いやりのある、本物の本物の願望から派生しています(本音は「本当の気持ち」)。下記は用例です。 ハノイの通りは時々1台の車で最大5人の人々と一緒に、バイクの無限の流れに満ちています!信号が少ないので、通りを渡ることは「危険な挑戦」のように感じます(しかし、ゆっくり歩くなら安全です)。私の妻ミシャルは試してみるのが怖すぎた。老婦人は躊躇を見て、彼女の腕を取り、そして彼らは無事に一緒に渡った。なんて素敵だ!

私の妻Michalはホアンキエム湖畔のベンチに座っていましたが、警告なしに、若い男が突然膝の上に座り、胸にもたれかかり、自分撮りをし、起きて、去っていきました!今、これは「失礼」に聞こえるかもしれません、とあなたは言います。私の息子のバラキは、日本では失礼と見なされているのではなく、実際には「犯罪」であると言っています。許可を求めないことは失礼と見なすことができると思いますが、この行為は「人間の暖かさ」の拡張であり親しみやすさ。私はエスペラントの会議に出席している間毎日していたように、 私はダナンの信じられないほど美しいビーチサイドに沿って歩いていました、そして本当ののどが渇いた – ダナンはすごく暑いです。私はスナックを売っている売店のそばを通り過ぎたので、私は売る人に(もちろんベトナム語で)水のボトルを買えるかどうか尋ねました。彼は「私達は水を売らない」と言った、しかし彼はそれから突然私にボトルを手に入れようとしているかのように彼の腕を差し出して、ミネラルウォーターの大きなボトルを引き出した。私は最初彼が私に彼のボトルを与えたいと思ったが、それから彼が実際に彼の個人的な水のボトルから飲むように私に申し出ていたことに気付いた! あなたはこれが他の国で起こっていると想像できますか?ベトナムでもおそらく稀です。私はこの心温まる親切の行為に涙を流し始めました。私は彼に深く感謝し、写真を撮り、そして歩き続けました。