に関しては

CJKIについて

CJK辞書研究所(CJKI)は1993年に設立されました。その主な活動は、5000万以上のエントリーを含むCJK言語(中国語、日本語、韓国語、広東語、八花などの中国語を含む)とアラビア語の一般的な語彙、固有名詞、専門用語の語彙データベースの開発と継続的な拡大です。

当社の研究所は、CJK語彙資源の世界有数のリソースの一つとなり、ソフトウェア開発者に高品質の包括的な辞書データ、教育ツール、コンサルティングサービスを提供することで、IT業界が収益性の高い東アジア市場に浸透するのを援する主導的な役割を果たしています

埼玉に位置するCJKIは、講談社漢字学習辞典、新日英文字辞典、その日本語学習の標準参考文献となっている様々な辞書の編集長ジャック・ハルパーンが率いる。

当社のビジネスモデル

CJKIは、お客様の利便性に合わせてケースバイケースで決定される柔軟なビジネスモデルを持っています。私たちは「再販業者」ではなく、また「データベンダー」でもなく、言語学の研究所であり、数十年にわたる経験とCJKとアラビア語の語彙の広範なノウハウに基づいてデータを自分たちで作成しています。

当社の基本的な方針は、お客様の特定の要件に合わせてデータベースを追加料金なしでカスタマイズすることです。そのために、お客様のニーズを深く調査し、お客様のニーズに応えるデータパッケージを作成します。

また、独自のデータベースをゼロから構築し、チームを組み合わせて短期間で大規模な辞書をコンパイルする豊富な経験を持ち、コンパイルプロセスを自動化するための高度なツールを使用しています。

ジャック・ハルパーン

CJK辞書研究所の最高経営責任者(CEO)であるジャック・ハルパーン(p・ガージング)は、日本語と中国語を専門とする専門職の辞書作成者です。学習者の辞書の編集長としての彼の仕事は、様々な有名な標準参照作品をもたらしました。

ジャックは40年以上日本に住んでいますが、ドイツ生まれで、フランス、ブラジル、日本、アメリカに住んでいます。彼は熱心なポリグロットで、18の言語を勉強しています(流暢に10語を話します)。